生命保険 比較はオンラインタイプと対面するタイプで比べる

生命保険 比較はオンラインタイプと対面するタイプで比べる

生命保険 比較はオンラインタイプと対面するタイプで比べる 生命保険 比較を適切にするためには、保険について知ることが大切です。保険に加入する被保険者と、給付を受ける人とが異なるタイプの保険商品等があります。公的保険であれば、労働者災害補償保険であり、被保険者は事業者で、保険給付を受ける人は労働者、つまり会社に使用されている従業員となっています。これと同様に、民間の保険については、自動車保険、生命保険が被保険者と受給者が異なるタイプのものとなっています。

自動車保険については、交通事故を起こした際に被保険者が加入していれば物損事故も補ってくれますし、被保険者が事故に遭えば保険給付を受けられるようになっています。しかし、生命保険に関しては、専ら被保険者の家族を守るためのものとなっており、事故等に遭って、被保険者が死亡あるいは重度の障害が残ったときに保険会社から保険金が出るようになっています。
保険金が出るためには、医師法に基づく医師免許を所有している医師が死亡あるいは重度後遺症(寝たきりで植物人間になった場合、全盲となってしまった場合、声帯が破壊されて声を失い且つ咀嚼機能が喪失した場合、です)が出たとする真正の診断書が出なければなりません。保険会社は、診断書に基づいて保険金を出す手続きを行いますが、被保険者が自殺によって死亡したり重度後遺症が残ってしまった場合は保険金の支給は対象外となります。また、保険金ですが、被保険者が故意の犯罪行為によって負傷あるいは死亡(自殺も含みます)したり、飲酒運転や無免許運転に因り事故に遭って死亡した場合も、保険金受給対象外となります。

被保険者と保険給付の受給者が異なる保険ですが、加入するに当たっては複数の保険会社で比較をすべきでしょう。保険料ですが、一般的に考えてみると、店舗型の保険会社よりも、オンライン特化型の保険会社であれば割安となっています。
また、オンライン特化型の保険会社であっても、単に保険料が安いだけでなくて、人気度や補償内容を精査した上で決めた方が良さそうです。なお、保険会社ですが、保険金を請求して、被保険者が事故死した事が法的に立証されれば保険金を支給してくれる事になっています。

また、生命保険による保険金ですが、支給される額が2千万円の場合、被保険者の遺族が、妻、長男、長女と次女の家庭であれば、相続税の非課税額は500万円であり、受給権者が4人なので非課税となります。また、所得税や住民税に関しても非課税となります。保険について理解して、かしこく生命保険 比較をしましょう。愛媛県行ってみない?

最新記事